Menu

ニベアクリームで美白になろう 2017-04-28

今回は、地黒に悩まされていたわたしがニベアクリームを使って簡単に美しい白い肌になれた話をしたいと思います。わたしの家系は元々地黒で、たとえ念入りに紫外線予防をしていたとしても、平均的に人より黒い状態でした。

そしてなおかつ、わたしはスポーツ少女でして、毎日部活の練習を日に照らされる中、一生懸命やっていたものですから、お腹と腕の肌の色を比べては、よく自分がもっと肌が白かったらなあと悔やんでいましたし、周りが白い肌の持ち主が多かったせいか、コンプレックスを感じていました。

ですが、ニベアクリームを毎日塗るようになってから、塗ったところが段々と白くなっていき、今では昔の地肌よりも数段白くて、平均より少し上の立ち位置にいるような状態です。実際に行なっていた方法は、本当に簡単で、ただお風呂上がりに白くしたい場所に塗り込むだけです。

手っ取り早く美白にするにはハイドロキノンクリームが便利です。強力な成分で濃いシミにも対応します。ただ副作用で肌荒れなども起こしやすくなりますので、ここぞという時に使用するのがいいでしょう。ハイドロキノンの詳細はこちらをどうぞ(市販のハイドロキノンクリームをお得に通販するには!

そこでポイントなのが、適量ではなく、普段以上の量で塗りたくるということ。あとは、それとプラスして、紫外線予防のための日焼け止めや、肌を冷やすということなどをしていました。期間は約一年半くらいで、塗った次の日に劇的に変わるというわけではありませんでしたから、何かと根気が必要でした。

わたしは元々めんどくさがりやなので、最初の1週間は本当にキツく、やめたいなあと思っていましたが、1ヶ月くらい経ったときには、もう習慣化されていてあまり苦に思うことはなくなりました。なので、最初はわたしみたくきついとも思いますが、そこをめげずに頑張ってください。美白を何としてでも手に入れましょう!

ニベアクリームで美白になろう はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: 美白美容

まつげを太く強くする 2017-04-22

まつげが細くて量が少なくない上に毎日のヴュラーで知らずうちにまつげを傷めてしまって、一時期まつげの真ん中部分が脱毛してしまいました。マスカラもつける事が出来なくて、色々通販などでまつげの増毛剤を試みてみたのですが、肌に合わず目が痒くなって腫れてしまったりで、友達にすすめられて、ニベアをつけてみました。

すると時間は掛かったのですが脱毛していた部分の毛が前に比べて太く生えてきたんです。夜寝る前に綿棒にニベアをつけてまつげに湯ゆっくりと塗ります。その後目の周辺を指でかるく指圧して寝る時にアイマスクをして寝るようにしました。

少し生えてきてからは、まつげ専用の美容液をつけてその上からニベアをつけてコーティングし続けていたら、ハリのある黒々としたまつげが伸びてきたのです。マスカラをつけれる位まで伸びてきたら、マスカラを縫って少し乾いてきた所で小指でまつげを上に押さえると少しまつげがカーブしヴュラーを使わないようにしました。時間がある時はボールペンなどでまつげを押さえると良いと思います。

ヴァセリンをまつげに塗るのも良いらしいです。まつげの抜け毛の原因は目元の乾燥が原因でもあるようなのでこまめにクリームを塗る事は秘訣です。マスカラを落とす時もクレンジングがオイル系のものではなく、水のクレンジングでまつげへの刺激を抑えながらやさしくふき取ると良いです。

確実性を望むならやはりルミガンまつ毛美容液がいいでしょう。しかし、ルミガンは日本では市販されていないので海外通販を利用して購入するのが一般的です。ルミガンの通販手順については、詳しく書かれたサイトがあるのでそちら参考にどうぞ。

つけまつげも肌へのダメージをうける事がある為、つけまつげを使用して外した時は目元に乳液をたっぷりつけて美容液を塗るとダメージを抑える事ができますよ。

まつげを太く強くする はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: まつげ育毛

女性にとって重要なまつげ 2016-09-16

 

まつげは女性にとってはかなり重要な役割をしますよね。まつげが長かったり、まつげのボリュームで目元の印象が変わったりします。

ですので、目の印象はまつげにあると言っても過言ではないのです。ですのでまつ毛はとにかく抜けないように大切にすることが大切です。

まずまつ毛のボリュームを出したい場合は、まつげ美容液を塗ることが肝心です。まつげ美容液はまつげにとっていい成分が含まれていますので、まつげ美容液を塗ることによってまつげが生き生きしますので、まつ毛はちょっとやそっとじゃ抜けなかったりします。ですので、ボリュームや長さなどを出したい人はまつげ美容液をオススメします。

また、まつげにいい食べ物などもあります。まずはタンパク質です。タンパク質を多く摂取するようにしますとまつげに必要な成分が含まれていますので、まつ毛の成長には欠かせませんのでどんどんまつ毛のボリュームがでてきます。

また、必須アミノ酸やビオチン、ヨードなどもまつ毛にいい成分含まれていますので、摂取することでまつ毛の量が増えたり、抜けにくくなったりします。

そしてまだまだまつ毛に関することと言いますと、まつ毛は温めると血行促進されますので育毛に効果的です。また、しっかりと睡眠をとるということもまつ毛の育毛に関しては重要になります。夜は細胞が活性化されますので、夜の大事な時間にきちんと睡眠をとり、育毛を促すことが肝心なのです。

そして、目の周りのツボを刺激することで血流を良くし、まつ毛にとってもいい成長になるのです。目の疲れも取ることでまつ毛にいい成分が含まれます。

なお、まつ毛に悪い行為もあります。それはタバコを吸うということです。タバコは血行促進を阻害する傾向がありますので、タバコは美容や健康にとても悪いのでタバコはやめたほうがいいですよね。そしてたまにはメイクをお休みしてまつ毛を休ませることも大切です。

 

 

 

 

女性にとって重要なまつげ はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: まつげ育毛

美まつ毛習慣 2016-09-01

 

私は2年ほど前から、マツエクをしています。マツエクをするまでは、ホットビューラーで上げていたのですがまつげが痛み、自まつ毛が短いことが悩みでした。

そんな中、下りまつげでまつげが短い私はマツエクに目覚めました。まつげはボリュームアップして見えるし、ビューラーやマスカラいらずでした。アイリストさんにも、毎日ホットビューラーで痛みつけるよりも月に一回マツエクをただしく装着した方が、絶対に傷まないしまつげに優しいと言われました。なにより毎朝のメイクが時短できるようになりました。

そんな中、気になり始めたのがまつげの抜けです。マツエクが付いている分、まつげが抜け落ちたときにすぐに気づき日々、まつげは抜けていることを知りました。髪の毛と同じように、まつげには毛周期がありその周期ごとに抜け落ちるのだそうですがマツエク越しでもわかる自分の貧相なまつげにはガッカリしました。

そんな中、私の職場の友人が驚くほど自まつ毛が太く、長いことに気がつきました。マツエクをすると自まつ毛がボリューミーだから、ケバくなるとのことでマスカラの下地しか塗っていないそうです。

その子は毎日、夜寝る前だけまつげの美容液を塗布しているだけだそう。それに美容液はコーム型だとマツエクをしている人は一緒にもぎ取られてしまうため、ペンタイプのものを根元にアイラインのように引くものの方が私は使い勝手がよかったです。

まつげ美容液は世に沢山出回っていますが、現時点で驚異的効果があるのは緑内障用目薬に含まれていた薬品の副作用としてまつげが伸びる、太くなるというとのがありました。そこ副作用を逆手にとって美容液として開発し直されたものがまつげを強くしてくれます。

美容液だけでは、マツエクをしている私のまつげは絡まるのでアイブロウ用のコームなどを使用してまつげの絡みをほぐしてから美容液を塗布すると確かに1ヶ月ほどでマツエクを装着できる本数が10本増えました。まつげも髪の毛と同じように絡まると傷みの原因にもなるので、まつげにコームを使用するのは美まつげ習慣にはかかせないものです。

 

 

美まつ毛習慣 はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: まつげ育毛

まつ毛の美容に関して 2016-08-30

 

まず、まつ毛の生える周期に関してなのですが、まつ毛は3、4か月くらいで生え変わります。ですので、その期間に必ず抜け落ちてしまうのではないかと思われがちですが、まつ毛美容液を使用することによって、もともとのまつ毛が丈夫になりますので抜けにくく、さらに新しく映えてくるまつ毛も丈夫で太いまつ毛が生えてきやすくなるのです。

なのでまずまつ毛美容液を使用する際には、その成分がとても重要になってきます。ハリやコシを重視するのであれば、センブリエキスなどが配合されているまつ毛美容液がおすすめになります。まつげをキレに伸ばしたいというのであれば、ヒアルロン酸などがそういう成分が含まれていますのでおススメになってきます。

なので、選ぶ基準といいますと「効果」「使いやすさ」「価格」です。やはり使用していても効果が実感できなければ意味がないですし、あまりにも高いと購入することをまずためらってしまいますよね。

また、使い心地が悪いと使い続けることも困難になりますので、とてもこの3つは重要になってくるのです。そしてまつ毛はすごくささいなことで抜け落ちたりしますので注意が必要です。むやみやたらに目をこすったりするだけでも何本か抜け落ちたりしますので、もったいないですしまた、化粧をする際にもそのままマスカラを塗りますと、抜けやすいまつ毛になってしまいますので、必ずマスカラ下地などを塗ってからマスカラを塗ることをおススメします。

そうすることによってまつ毛も抜けにくくなりますし、まつ毛を直接痛ませないのでおススメなのです。また、化粧を落とす際にも目元は目元専用のクレンジングを使用することが肝心です。そのままごしごししてしまいますととにかくまつ毛を痛めてしまいますし、抜けやすくなりますので、目元のメイクを落とす際にはリムーバーなどで落とすことが重要になってくるのです。そうしますと肌にも負担がかからないので、まつ毛も抜けにくくなります。

 

 

まつ毛の美容に関して はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: まつげ育毛