Menu

魅力的な目元を育てるために 2016-07-18

 

女性にとって、目元で大きく印象が変わるのでメイクはすごく重要。マスカラの手間がかからないとまつ毛エクステもずいぶん一般的になってきました。今や男性もまつ毛エクステを楽しめる時代です。

しかし、まつ毛エクステやマスカラ、ビューラーなどはまつ毛にかなりの負担を与えてしまいます。せっかくのまつ毛エクステやメイクも、地まつ毛が綺麗に生えていなければ意味がありません。そこで、たくさんのまつ毛美容液が販売されるようになりました。

まつ毛美容液の一番のメリットは、地まつ毛を健康な状態に保つサポートをしてくれるため、地まつ毛が長く伸びやすくなることです。地まつ毛自体が長くなれば、マスカラももっとボリューミーに塗ることができます。まつ毛エクステの本数も多くつけることが可能になるので、より魅力的な目元を演出できるのです。

簡単にまつ毛を長く魅せる方法の一つにつけまつげがありますが、結構手間がかかってしまう割にははずれやすいですよね。知らぬ間につけまつげが外れていれば、魅力も台無し。印象も悪くなってしまいます。しかし、地まつ毛を長くしておくと、マスカラのみでからりボリュームのある目元を演出できるのです。

まつ毛も他の毛と同様、生え変わりのサイクルが存在します。そして他の毛と同様に、ホルモンバランスやストレス、生活習慣によって生え変わりサイクルが乱れてしまいます。

髪の毛や肌は調子が悪くなるとお手入れをするのに、まつ毛だけはそのままだと、やはりダメージが蓄積されてしまうのです。それなら髪の毛や肌と同様に、正しいサイクルに戻すためにケアする必要があります。それがまつ毛美容液の役割です。

栄養の行き届きにくいまつ毛にまで栄養を与え、生え変わりサイクルを整えます。健康的な生え変わりサイクルをつくることができれば、まつ毛が長く濃くなるのです。また、まつ毛美容液によってまつ毛にトリートメント効果も与えられます。朝晩2回ほどまつ毛に塗るのが効果的です。美しい目元を育てるため、ぜひまつ毛美容液の使用くをおすすめします。

 

 

魅力的な目元を育てるために はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: まつげ育毛

まつ毛を痛める悪い習慣をやめる 2016-06-11

 

女性にとって「瞳」は第一印象を左右する重要なポイントで、長いまつ毛は女性の憧れでもあります。近年ではまつ毛エクステやつけまつ毛、アイメイクの技術でまつ毛を長く盛ることは当たり前になってきていますし簡単ですが、メイクなどには時間も手間もかけるの自分の素のまつ毛のお手入れをしている女性はきっと少ないでしょう。素っぴんにガッカリされない為にも、まつ毛に悪影響を与える習慣に気を付けて、まつ毛を長くする方法を実践していきましょう。

まつ毛は目に異物が入らないように保護をしたり、眼球への傷や疾病を防ぐ役割をしています。でも再生能力がないので、一度ダメージを受けてしまうと元には戻らなくなってしまうことから、普段から気を付けていないと抜け落ちやすいまつ毛になってしまいます。

マツエクの使用は自まつ毛に負担をかけてしまったり、つけまつ毛を外す時に自まつ毛まで抜けてしまったりと、一般的にまつ毛を盛る方法は自まつ毛にはあまり良くない環境になっています。他にもマスカラやアイメイクを落とす際のクレンジングで力を入れすぎてしまうのも、まつ毛を痛めるだけでなく目元の老化を進行させたり、色素沈着になってしまう原因となります。正しいクレンジング方法としては、コットンにたっぷりクレンジングを含ませて染み込ませてアイメイクを溶かすように、こすらずにゆっくり丁寧に落としていきましょう。

こうしてまつ毛を痛めないような習慣を心掛けながら、自まつ毛のケアをして長く伸ばしていきましょう。やはり定番なのはまつ毛美容液でお手入れすることです。まつ毛に栄養を与えて、強く抜けにくくしてくれます。まつ毛を伸ばすには保湿をすることが大切なので、まつ毛にリップクリームやワセリン、ニベアクリームを塗って保湿することでまつ毛が伸びるというクチコミも評判で、実際に伸びた方も大勢います。憧れの長いまつ毛を手に入れる為にも、自分に合った方法でまつ毛のお手入れを続けていきましょう。

 

 

まつ毛を痛める悪い習慣をやめる はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: まつげ育毛

美まつ毛を作るコツ 2016-06-05

 

まつ毛は女性のイメージを大きく変えるものです。綺麗で長いまつ毛に憧れますよね。メイクアイテムとしてビューラーやマスカラを使っている方が多いかと思います。

勿論使ってはいけない訳ではありませんが、使用することによりまつ毛への負担にはなります。とてもデリケートな部分なので注意が必要です。この負担を軽減させて健康的なまつ毛を育てていくコツがあります。まつ毛を上げるビューラーの使い方です。

ゴムが古くなったビューラーやホットビューラーは注意が必要です。ゴムが古くなるとまつ毛が切れてしまってまつ毛の寿命を縮めてしまいます。毎日使うのではなく2.3日に1度にしてまつ毛をお休みさせてあげることでまつ毛の負担も軽減されます。また、ホットビューラーを使う際はまつ毛美容液でまつ毛を保護してから使用することをお勧めします。

最近よく耳にするようになったまつ毛エクステは専用の接着剤で自まつ毛にエクステを付けていくのですが、これも注意が必要です。まつ毛エクステを付けてから少し時間が経つとエクステがポロポロと取れていきます。この時自分のまつ毛も一緒に抜けているのです。

ある程度抜けるようになったら専用のリムーバーでエクステを取ると抜けるまつ毛が少なくすみます。まつ毛エクステを取った後、すぐに次のまつ毛エクステを着けるのではなく、少し時間を空けてからエクステをつけることが大切です。

マスカラを使用する場合はウォータープルーフを選びましょう。優しく落とすことによりまつ毛への負担が少なくなります。

生活習慣やストレスでもまつ毛は抜けてしまったり、細くなってしまい、ボリュームがなくなってしまうことがあります。

規則正しい生活と、バランスの良い食事もまつ毛には大切です。お魚やお肉などに含まれるタンパク質や亜鉛、野菜や果物から摂れるビタミンEなどを積極的に摂取することにより、長く丈夫なまつ毛になります。

まつ毛への外的刺激を少なくし、内側から栄養を与えることにより丈夫で美しいまつ毛が生えます。この環境を作っていくことが大切です。

 

 

美まつ毛を作るコツ はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: まつげ育毛

まつ毛のサイクルを知る 2016-05-21

 

まつ毛エクステをしたり毎日マスカラを使っていると、メイクを落とす際に抜けてしまうまつげが気になる事があると思います。

実はまつ毛にも髪の毛と同じように生え変わりのサイクルがあり、そのサイクルは個人差はありますが約1ヶ月から3ヶ月で一周します。

まつ毛には、生えて伸びていく成長期、まつ毛の細胞分裂が終わり成長が止まる退行期、生えているけれど抜けやすい休止期があります。髪の毛に比べると生え変わりの周期が早いまつ毛ですが、約40日間ある成長期の初期の頃はとても弱く、刺激を与えると折角生えてきたのに抜け落ちてしまいます。

なのでこの時期にマスカラやまつ毛エクステなどを繰り返すと、次の周期に入るまで、そのまつ毛は生えてきません。反対にまつ毛の生え変わりのサイクルを知る事で、より健康で長いまつ毛を作る事も可能になります。

例えば成長期後半のまつ毛は、ツヤやコシが出て長く伸びますので、この時期にまつ毛用の美容液などで栄養を与えてあげる事で、より強く長いまつ毛に成長を促す事ができます。

まつ毛エクステをするのに一番適しているのは、退行期のまつ毛です。この頃のまつ毛は成長を終えていますのでエクステなどの刺激を与えても大丈夫だと考えられます。

また、まつ毛の成長を終えた退行期や、休止期のまつ毛に専用の美容液をつける事により失われつつあるハリやコシを与えてあげる事も可能です。

普段からアイメイクを落とす時にも強く引っ張ったり擦ってしまうと、まつ毛には強い圧力がかかってしまいます。専用のメイク落としを使い、なるべく負担を減らす事がまつ毛を守る事にもつながります。

またメイク落としでまつ毛の負担が気になる時は、美容液の使用などと並行してまつ毛の育毛に良い食べ物を意識して摂取する事も良いでしょう。

まつ毛も体毛なので、育毛を促進してくれる良質のたんぱく質を含む大豆や、ビタミンAを多く含む緑黄色野菜を積極的に取り入れる事がオススメです。

 

 

まつ毛のサイクルを知る はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: まつげ育毛

綺麗なまつ毛を保つために 2016-05-20

 

元々まつげが長いほうではなく、マスカラをつけても短くてまつげにマスカラがついてしまうこともあるほどでした。高校時代はとにかく目を大きく見せたいために、ボリュームアップのマスカラを何度も重ね塗りしていましたが、結果、メイクを落とす際に強くこすってしまうためにまつげが抜けてしまうこともすくなくありませんでした。

短大時代になると、マスカラではなく、ビューラーに気をつけるようになりました。よくある口コミで評判のいい物や、まつげの負担が少ないものを選んでいました。また、この頃からメイク落としの選び方にも注意するようになりました。顔全体を一回のクレンジングで済ませてしまうのではなく、まずはポイントメイク落としをコットンに浸しまぶたに当てて落としていきます。こするのではなく、メイク落としをする際もまつげに負荷がかからないようにとにかく気をつけました。まつげ美容液も使ってみたのですが、こちらは私にはあまり効果がありませんでした。

私の中では、まつげの美容はメイク落としが重要だったと思います。ポイントメイク落としを使っていくうちに、抜けがちだったまつげが抜けることが少なくなってきました。

また、社会人になるとまつげパーマというものをする機会がありました。ビューらーで毎日あげなくていいので、まつげに負担がかからず、きれいなカールがキープできるという友人の言葉に一度だけ挑戦したことがあります。

しかし、まつげを意図的にカールしていることもあり、一回の施術でまつげが随分と傷んでしまったことを覚えています。きれいなカールがついたことは事実ですが、まつげにとってはあまりいいものではありませんでした。

前述したとおり、アイメイクを落とす際にはポイントメイク落としの選び方が重要だと思います。高いものはもちろんいいのですが、私はオイルタイプのほうがスルっとマスカラが落ち、心なしか潤いもあり自分には合っていたと思います。

 

 

綺麗なまつ毛を保つために はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: まつげ育毛