Menu

まつ毛を痛める悪い習慣をやめる 2016-06-11

 

女性にとって「瞳」は第一印象を左右する重要なポイントで、長いまつ毛は女性の憧れでもあります。近年ではまつ毛エクステやつけまつ毛、アイメイクの技術でまつ毛を長く盛ることは当たり前になってきていますし簡単ですが、メイクなどには時間も手間もかけるの自分の素のまつ毛のお手入れをしている女性はきっと少ないでしょう。素っぴんにガッカリされない為にも、まつ毛に悪影響を与える習慣に気を付けて、まつ毛を長くする方法を実践していきましょう。

まつ毛は目に異物が入らないように保護をしたり、眼球への傷や疾病を防ぐ役割をしています。でも再生能力がないので、一度ダメージを受けてしまうと元には戻らなくなってしまうことから、普段から気を付けていないと抜け落ちやすいまつ毛になってしまいます。

マツエクの使用は自まつ毛に負担をかけてしまったり、つけまつ毛を外す時に自まつ毛まで抜けてしまったりと、一般的にまつ毛を盛る方法は自まつ毛にはあまり良くない環境になっています。他にもマスカラやアイメイクを落とす際のクレンジングで力を入れすぎてしまうのも、まつ毛を痛めるだけでなく目元の老化を進行させたり、色素沈着になってしまう原因となります。正しいクレンジング方法としては、コットンにたっぷりクレンジングを含ませて染み込ませてアイメイクを溶かすように、こすらずにゆっくり丁寧に落としていきましょう。

こうしてまつ毛を痛めないような習慣を心掛けながら、自まつ毛のケアをして長く伸ばしていきましょう。やはり定番なのはまつ毛美容液でお手入れすることです。まつ毛に栄養を与えて、強く抜けにくくしてくれます。まつ毛を伸ばすには保湿をすることが大切なので、まつ毛にリップクリームやワセリン、ニベアクリームを塗って保湿することでまつ毛が伸びるというクチコミも評判で、実際に伸びた方も大勢います。憧れの長いまつ毛を手に入れる為にも、自分に合った方法でまつ毛のお手入れを続けていきましょう。

 

 

まつ毛を痛める悪い習慣をやめる はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: まつげ育毛

美まつ毛を作るコツ 2016-06-05

 

まつ毛は女性のイメージを大きく変えるものです。綺麗で長いまつ毛に憧れますよね。メイクアイテムとしてビューラーやマスカラを使っている方が多いかと思います。

勿論使ってはいけない訳ではありませんが、使用することによりまつ毛への負担にはなります。とてもデリケートな部分なので注意が必要です。この負担を軽減させて健康的なまつ毛を育てていくコツがあります。まつ毛を上げるビューラーの使い方です。

ゴムが古くなったビューラーやホットビューラーは注意が必要です。ゴムが古くなるとまつ毛が切れてしまってまつ毛の寿命を縮めてしまいます。毎日使うのではなく2.3日に1度にしてまつ毛をお休みさせてあげることでまつ毛の負担も軽減されます。また、ホットビューラーを使う際はまつ毛美容液でまつ毛を保護してから使用することをお勧めします。

最近よく耳にするようになったまつ毛エクステは専用の接着剤で自まつ毛にエクステを付けていくのですが、これも注意が必要です。まつ毛エクステを付けてから少し時間が経つとエクステがポロポロと取れていきます。この時自分のまつ毛も一緒に抜けているのです。

ある程度抜けるようになったら専用のリムーバーでエクステを取ると抜けるまつ毛が少なくすみます。まつ毛エクステを取った後、すぐに次のまつ毛エクステを着けるのではなく、少し時間を空けてからエクステをつけることが大切です。

マスカラを使用する場合はウォータープルーフを選びましょう。優しく落とすことによりまつ毛への負担が少なくなります。

生活習慣やストレスでもまつ毛は抜けてしまったり、細くなってしまい、ボリュームがなくなってしまうことがあります。

規則正しい生活と、バランスの良い食事もまつ毛には大切です。お魚やお肉などに含まれるタンパク質や亜鉛、野菜や果物から摂れるビタミンEなどを積極的に摂取することにより、長く丈夫なまつ毛になります。

まつ毛への外的刺激を少なくし、内側から栄養を与えることにより丈夫で美しいまつ毛が生えます。この環境を作っていくことが大切です。

 

 

美まつ毛を作るコツ はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: まつげ育毛